支払いや処理は成功するが、CVCのチェック結果が特定のものになった状態を示します。

各種cvc_checkの値は以下のとおりです。

  • passed
    CVCチェックが試みられ、検証に成功した

  • failed
    CVCチェックが試みられ、検証に失敗した

  • unavailable
    CVCチェックが試みられたが、カード会社側の応答が確認できなかった

  • unchecked
    CVCがセットされていないか、カード会社側の応答が確認できなかった

トークン作成失敗時、間違ったcvcが送信された場合はエラーが返却されます。

cvc_check値がunavailableやuncheckedで応答が確認できなかったとしてもCVCがセットされている場合は基本的に値が正しいことは検証されます。

cvc_checkの値は決済の結果に影響を与えるものではない為、カードの有効性の判定の為にcvc_checkを使用することは推奨しておりません。

回答が見つかりましたか?