課金日(billing_day)の設定がされていないプランではUTCタイムゾーンで判定されます。

日本時間9時までに課金が作成された場合、UTCではその前日に課金が作成されたものとなります。
 
そのため、例として日本時間6月1日0時に課金が作成された場合、UTCでは5月31日に作成されたこととなります。
この場合、下記の通りずれが生じていく可能性がございます。
 
定期課金の課金時刻(日本時間)
6月1日0時 > 7月1日0時 > 7月31日0時
 
内部的なサイクルの計算(UTC換算)
5月31日15時 > 6月30日15時 > 7月30日15時
 
課金日(billing_day)を設定したプランであればこうした問題は起きませんので、課金日(billing_day)を設定したプランの作成をご検討ください。

回答が見つかりましたか?