Apple Payを通じて作成されたトークンには、利用者がApple Payに登録しているカード番号および有効期限とは違うものがそれぞれが紐付けられます。これはデバイスアカウント番号(DAN)と呼ばれ、利用者の端末上で下四桁を確認できます。

回答が見つかりましたか?