===========================

3Dセキュアは現在ベータ版を提供しております。

ご利用をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

===========================

3Dセキュアとは?

3Dセキュアとはオンライン決済をより安全に行うための追加認証サービスです。

「クレジットカード番号」や「有効期限」などのクレジットカードに記載されている情報に加え、「カード保有者本人しか知りえないIDやパスワード(※)」の入力が求められます。


そのため、クレジットカード情報の盗用による「なりすまし」などの不正利用を未然に防止することができます。

※主にカード発行会社のWEBサイトにログインするときのIDやパスワードを入力します。

3Dセキュアを利用できないケース

カード自体が3Dセキュアに対応していない場合

エンドユーザーが利用するクレジットカードが自体が3Dセキュアに対応していない場合は、3Dセキュアでの認証を行うことはできません。

カード会社にパスワードの事前登録をしていない場合

前述の通り、3Dセキュアではクレジットカードに記載されている以外の情報の入力が求められます。

カード発行会社に対して事前にパスワード設定をしていない場合は、3D-セキュアでの認証を行うことはできません。

パスワードの設定方法等はエンドユーザー様からカード発行会社にお問い合わせください。

いずれの場合においても、3Dセキュアの利用自体ができないため3DセキュアのためのIDやパスワードの入力はスキップされることとなります。

アテンプトの許容と拒否

前述の通り3Dセキュア3Dセキュア認証ができないカードが利用された場合には、3Dセキュアの認証はスキップされます。

この状態をアテンプトと言います。

アテンプト取引を許容する場合は、3Dセキュアはスキップされ、そのままカード登録及び取引が完了します。

アテンプト取引を許容しない場合は、エラーを返して終了させることもできます。
アテンプト取引を許容しない認証のことを、完全認証と呼びます。

PAY.JPの3Dセキュアでは、アテンプト取引を許容するか完全認証とするかは、加盟店様側の実装でハンドリングが可能です。

PAY.JPの3Dセキュア

トークン作成時(エンドユーザーがカード情報を入力したとき)に3Dセキュア認証をする方法と、支払い作成の際に3Dセキュア認証をする方法があります。

トークン作成時の3Dセキュア

トークン作成の際に3Dセキュア認証を有効にします。

管理画面から設定を有効にすることができます。

https://help.pay.jp/ja/articles/5366097-3dセキュア-トークン作成時の3dセキュアを有効にする方法を教えてください

エンドユーザーは、カード情報を入力する都度、認証を求められるものとご認識ください。

回答が見つかりましたか?