■ご案内事項

  • 3Dセキュアは現在ベータ版を提供しております。
    ご利用をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • トークン作成時の認証は、EMV3Dセキュアへの切り替えに伴い、当⾯の間、利⽤を⾮推奨とさせていただきます。
    詳細はEMV3Dセキュアへの移行についてをご確認ください。


トークン作成時の3Dセキュア認証は、あくまでもトークン作成に対してのみ3Dセキュアを行っていますので、チャージバックの対抗要件にはなりません。

そのため、チャージバックが発生し受け入れとなった場合は、通常のチャージバックと同様に、その金額は加盟店様のご負担となります。

チャージバックへの抗弁の要件として3Dセキュア導入を検討されている場合は、支払いに対する3Dセキュアをご検討ください。

https://pay.jp/docs/charge-tds

https://pay.jp/docs/api/#支払いを作成

https://pay.jp/docs/api/#3dセキュアフローを完了する

回答が見つかりましたか?