payjp_fee_included有効にすることで、カードブランドによってPAY.JP手数料が異なる場合も、テナントからは一定の割合でプラットフォームの利用料金を引くことができます。

なお、テナント作成時に設定可能ですが、この設定は後から変更することができませんので、ご注意ください。

下記の例をご参照ください。

<条件>

テナントの売上金:10,000円

PF利用料:10.0%(1,000円)

PAY.JP手数料:3.0%(300円)


<trueの場合>

プラットフォーマーに割り振られる金額

1,000円-300円 = 700円


テナントに割り振られる金額

10.000円-1,000円=9,000円


<falseの場合>

プラットフォーマーに割り振られる金額

1,000円


テナントに割り振られる金額

10.000円-300円-1,000円=8,700円


回答が見つかりましたか?